2010年04月18日

G20と米中古住宅、新築住宅、生産者物価、RBA議事録、NZ消費者物価に注目! 2010年4月第4週

●今週のNZ、豪、米、日の指標 (NZ、豪以外は重要指標のみ掲載)

時間 経済指標 前回 予想
19日 23時 景気先行指標総合指数 3月 1.0% 0.1%
未定 バーナンキ議長講演
20日 NZ 7時45分 第1四半期消費者物価 -0.2% 0.6%
10時30分 RBA議事録(4月6日分)
未定 ギリシャ5年債償還
21日 未定 IMF世界経済見通し
未定 トリシェ総裁講演
22日 21時30分 新規失業保険申請件数 46.0万件 44.0万件
生産者物価指数 3月 -0.6% 0.5%
23時 中古住宅販売件数 3月 502万件 530万件
23日 10時30分 第1四半期輸入物価指数 -4.3%
21時30分 耐久財受注 3月 0.5% 0.1%
23時 新築住宅販売件数 3月 30.8万件 32.2万件
未定 G20財務相中央銀行総裁会議
【重要度 黒文字→黒太文字→赤太文字→赤大太文字で高くなります】

↓応援ポチお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ NZドルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

これらの指標を踏まえて、今週の注目ポイントは?



★今週のポイント

オセアニア専門レポートが証拠金なし、口座開設のみでチェックできる外為どっとコム

●今週のポイント

・G20財務相中央銀行総裁会議
・米中古住宅、新築住宅販売件数
・米生産者物価指数
・RBA議事録
・NZ消費者物価指数
・ギリシャ5年債償還
・IMF世界経済見通し

の7点でしょう。

●今週最も注目度が高いのが、G20でしょう。
ギリシャ問題は相変わらずであり、G20でも議題となるでしょうが、当事者以外がほとんどのG20でまともな決議ができるわけもなく、失望感からユーロが下落するでしょう。

●米景気を知る上で非常に注目度が高いのが、中古住宅と新築住宅販売件数です。
生産者物価が強い予想となっており、販売件数も強ければ利上げ期待感がかなり高まりそうです。

●RBA議事録は、6日の利上げを行った時の議事録です。
声明文で追加利上げを示唆したのですが、その数日後RBA副総裁が利上げに消極的な発言を行っているため、議事録で利上げ期待感が更に高まることはないでしょう。

●NZは消費者物価指数の発表があります。
前回のマイナスから大幅に強い数値となっており、豪の次はNZドルということで、利上げ期待感が相当高まりそうです。

●指標ではありませんが、先週末のNYで証券取引委員会がゴールドマン・サックスを訴追したという報道で、相場はリスク回避が加速しています。
この問題は長続きする可能性は低いと思われますが、金融規制法案が強化されたり、他の銀行も訴追された場合は要注意でしょう。

トルコリラのスワップが高い!→kakakuFX SAXOBANK FX

●私の作戦

■NZD/JPY日足
04173NZDJPY1.gif
NZD/JPY取引コスト DMM FX 150円〜210円

トレンドラインまで上昇はしていませんが、その手前で2週間もみ合った後に大きく下げたので、トレンドラインが機能していると考え、戻りを売りにいきたいです。
節目の65円でとりあえず止まっていますが、今後米ドル円に引かれる可能性が高いと考え、ドル円の値動きに注意しながら65円割れを狙います。
消費者物価が強かった場合は、ひとまず様子見でしょう。

■私の作戦 戻り売り
■予想レンジ 63.50円〜66.00円

■NZD/USD日足
04173NZDUSD1.gif
NZD/USDスプレッド DMM FX 1.7pips〜

対米ドルでもトレンドラインまでは上昇していませんでしたが、そこからの下落が有効であると考え、対円と同じように売っていきたいです。
0.7の大台割れはストップを誘発するでしょうから、それを狙っていきたいです。
ですが、今回のショートは短期勝負でいきたいので、ロングに切り替えるタイミングも考えておきたいところです。

■私の作戦 戻り売り
■予想レンジ 0.6900〜0.7100

■AUD/JPY日足
04173AUDJPY1.gif
AUD/JPY取引コスト DMM FX 110円〜170円

ゴールドマン・サックスの影響で、豪ドル円も大きく下げて終わっています。
豪ドルは対米ドルでのトレンドライン割れを狙う動きが出ているため、対円はその動きに大きく左右されそうです。
割った場合は84円を簡単に下抜けしてくるでしょうから、ショート基本の作戦でいきたいですね。

■私の作戦 戻り売り
■予想レンジ 83.00円〜85.50円

■AUD/USD日足
04173AUDUSD1.gif
AUD/USDスプレッド FXブロードネット 1pips〜

昨年高値と同レベルまで上昇し、トリプルトップでそこからトレンドラインを割り込む動きは、テクニカルの王道である南京玉簾の形と言えます。
ここからはショートが基本となりそうで、トレンドラインを割り込んだ場合はストップを巻き込んで下げが加速しそうです。
利上げ期待感もRBA副総裁発言で大きく後退しており、まずは積み上がったロングの調整が入りそうですね。

■私の作戦  戻り売り
■予想レンジ 0.9050〜0.9300

■USD/JPY日足
04173USDJPY1.gif
USD/JPY取引コスト DMM FX 0円〜50円

米ドル円は92円上方ブレイクのエネルギーが95円手前で失速し、再び92円を一時割り込みました。
このライン以下で定着するかどうかが非常に重要で、ゴールドマンの問題を引きずるようなら91円割れも考えられるでしょう。
オセアニア市場、東京市場はこの問題を消化しておらず、月曜日早朝は窓をあけての下げで始まりそうです。

■私の作戦 戻り売り
■予想レンジ 90.50円〜93.00円

投資の最終判断は自己責任でお願いします!
私のポジション取りは、値動きによって臨機応変に変更します!


↓応援ポチお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ NZドルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

posted by 新米金持ち父さん at 06:35| Comment(0) | 今週のFX為替相場予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


オススメ記事一覧
主婦に見習う
ひとは何歳からでも変われる
FXのスワップを株式投資にまわす
所得と寿命の関係
窮屈な生活から、精神的余裕のある生活へ
生活の質も大切
何故、ZAR/JPYではなくてCHF/ZARなのか?
円は我々の基軸通貨
年間変動幅をスワップで埋めるのに何年かかる?
ボーナスが少なくても、スワップ金利があるさ!
10年で23.5倍、17年で100倍!トルコリラの複利運用方法!
富裕層が宝くじを買わない理由
サーバーダウンのリスクを回避する!
FXにこだわらない
人生のフェラーリを諦めるな!
壁を越える技術
成功しているやつに聞け!
ひとには、向き不向きがある
ウサギとカメ
永遠にロングするために
松井秀喜に学ぶ
タネ銭を増やす
スイスフランとの通貨ペアを考える
自分の老後は、自分で守れ!
「東京の主婦」が為替相場に与える影響
具体的な目標をたてる
私が円を売り続ける、2つの理由
しっかりした年金を、自分で作る
自分の現状は、自分の責任
ゼロからの出発
まず家族に還元する
トルコリラのリスクを減らす方法
大黒柱を増やす
自分にも投資する
スワップ派に必要なもの
トルコリラは本当に変動率が高いのか?パート2
利益をうみつづける資産に買わせる
トルコリラは本当に変動率が高いのか?
収入を自分の労働に依存しない「経済的自由」
最初の一歩は、勇気が要ります!
トルコリラのリスクに対する私の考え方
賃貸住宅経営か、それともFXか?
複利の効果を最大限利用する方法
金利17.5%、トルコリラのリスク
初心者にオススメの業者は?
我流サプライズトレード必勝法(GFT系)
マット今井さんのセミナーへ行ってきました!
お金に対する考え方
マット今井先生大阪飲み会に参加!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。