2007年02月10日

トルコリラのリスクに対する私の考え方 永遠のロングポジション 第14回

【税率20%でお得!クリック365業者→ばんせい証券 INV@ST スターアセット証券

G7相場は、4位の方が徹底解説されてます!→
ランキング

●先日コメントを残していただいた「北のパン屋さん」が、トルコリラに投資しない理由について書かれていました。
まずは記事をご覧ください→トルコリラのリスク

ご自身でトルコリラ/円のチャートを作られたようです。
FX-naviでは数ヶ月前からのチャートしか見れないので、私も初めて見て勉強になりました。
ありがとうございます。

0209tryjpy

そのチャートを見て、北のパン屋さんはトルコリラへの投資を見合わせられたようですが、私は逆にトルコリラの比率を高めようと思いました。

というのは、暴落前にロングを仕込んだとしても、スワップ金利を考慮すればトータルで利益が出ているからです!

まずは2002年の暴落前のレートは105円、現在のレートは86円(2月9日)で、 差益はマイナス19円ですが、当時から金利が10%以上あるので、1年で10万、4年で40万円以上のスワップがつき、差益を考慮してもお釣りがきます。
2006年は暴落前が90円、現在が86円、こちらも差益はマイナスですが、9ヶ月で約10万円のスワップを考慮すると、6万円のプラスとなります。

ちなみに2002年の暴落は、対米ドルの固定相場をやめたために起こった暴落で、 変動相場制になった今は起こりません。
2006年の暴落は、アイスランドクローナの急落と、G7の影響による円高です。
NZD/JPYが82円から一気に67円台まで下落した時ですね。
こちらは今後も起こる可能性があるので、トルコリラを持つ場合は2〜3ヶ月で25%程度の変動率を覚悟しておいた方がいいでしょう。

●自国通貨を持たずに米ドルで持っているのは、トルコリラの目減りが激しいか らだと思います。
信用していないのなら、おそらく流通しないのでは?と考えています。

●トルコにはキプロス問題などがありますが、米国は戦費がベトナム戦争を超えたイラク問題、双子の赤字、日本には利息さえ払えずに借金で利息を払うほど巨額になった借金があり、こちらもキプロス問題と同程度、もしくはそれ以上のリスクがあると考えています。

以上が私なりの意見です。
「北のパン屋さん」、いかがでしょうか?

【トルコリラを取引できる→FX-navi アトランティック・トレード

スワップ金利の合計が、160,000円を超えました!
スワップ金利は1日で約2,700円、1週間で約19,000円、1ヶ月で83,000円となりました。

なんと10年で18倍!複利の力を利用したトルコリラの運用方法!

トルコリラに投資する前に必ず知っておきたい、トルコリラのリスク


※このポジションは、普段のスイングトレードのポジションとは全く別です。

↓応援クリック、よろしくお願いします!↓
人気blogランキング 外為ランキング ブログ村為替


外為どっとコム】 (千通貨単位のトレードで複利の力を最大限利用できます!)
0209swap11.gif 日付 通貨 成立値 単位 スワップ金利
06.06.23 NZドル/円 70.92 10,000 33,903
06.10.26 NZドル/円 78.15 10,000 16,283
06.11.16 豪ドル/円 90.44 10,000 12,291
07.01.02 NZドル/円 83.89 1,000 596
63,073

セントラル短資】 (ポジション決済せずに金利のみ受け取れます)
0209swap22.gif 日付 通貨 成立値 単位 スワップ金利
07.01.08 豪ドル/円 92.66 10,000 5,061
06.12.14 豪ドル/円 92.02 40,000 33,652
07.01.08 NZドル/円 81.50 10,000 5,428
06.12.14 NZドル/円 80.92 30,000 26,898
71,039

FX-navi(金利17.5%のトルコリラがトレードできます。運用方法はこちら
0209swap33.gif 日付 通貨 成立値 単位 スワップ金利
06.12.27 トルコリラ/円 83.24 10,000 18,783
07.01.08 トルコリラ/円 82.21 10,000 14,065
32,848
FX-naviは、スワップ分成立値が下がる方式になっています。
10年で18倍!トルコリラ運用方法! 知っておきたいトルコリラのリスク

来週の日GDP、NZ小売売上高の重要指標はこのようにして値動きについていく!

あなたはどれだけの手数料を払っていますか?確実に利益が増える方法、あります!

 
posted by 新米金持ち父さん at 06:34| Comment(11) | TrackBack(0) | 永遠のロングポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新米金持ち父さん様のご意見大変参考になりました。ありがとうございます。
暴落に耐えれる資金力と精神力が私には無いので見送りましたが、
両方とも兼ね備えている方には魅力的な通貨だと思いました。
現在アイスランドについても調べ中ですので、たまに身に来てください。
また記事に取り上げてもらえるように、がんばります!
Posted by 北のパン屋 at 2007年02月10日 08:23
こんにちわ。 次郎です。

トルコリラ円とスイスフラントルコリラが逆相関関係になっており、スイスフラントルコリラは売りでスワップがもらえると思うのですが、ということは2ペア持つことでリスクヘッジでき、スワップも両方から入ってくることになりませんか?
FX−naviの短いチャートしか見れていないので詳しくわかりません。
御教示頂ければ嬉しいです。


Posted by 次郎 at 2007年02月10日 13:48
私なりに計算したところ、レバレッジ20倍ですが、50万が2年で1億になります。複利の力です。あまり煽っても仕方がないですが、トルコの魅力です。ただ2年間もの間20倍を維持する事がどれだけ厳しいのか私には分かりません。基本LCは避けなければならないので、現状では100倍までのアトランティックでの取引になるでしょう。ある程度の下げなら、新たなポジを取らずに黙ってみていれば、スワップが救ってくれるでしょう。再見。
Posted by m at 2007年02月10日 15:58
逆相関でロングとショートの組合せでは結局同相関です
円 CHF USD TRYのリスクがあります
サヤ取りならいいですけど
Posted by へん at 2007年02月10日 18:53
そうですね。間違っておりました。すみませんでした。
Posted by 次郎 at 2007年02月10日 22:28
北のパン屋さん

そうですね、トルコリラは精神力も大切です。
アイスランドクローナ、実は私も興味を持っています。
USD/ISKよりもEUR/ISKの方が、地理的にも近いし、スワップも1日500円以上と魅力を感じています。
Posted by 新米金持ち父さん at 2007年02月11日 07:45
次郎さん、へんさん

そうですね、その通貨ペアではトルコリラのリスクヘッジにはなりません。
トルコリラのリスクだけを回避するのであれば、トルコリラ円の買いと、ユーロトルコリラの買いを持てばいいのですが、あまりオススメできるものではありません。
Posted by 新米金持ち父さん at 2007年02月11日 07:49
Mさん

20倍で50万が1億ですか!
ちょっとやってみたい気もしますが、5円下がれば強制決済というのはちょっと、ねえ。
今年に入ってから、すでに5円動いてますから。
レバ10倍ぐらいで1年チャレンジしてみたい気もしますが、トルコリラに慣れるまではやめておくことにします。
Posted by 新米金持ち父さん at 2007年02月11日 07:54
僕もトルコリラの高金利に惹かれ投資を検討しているのですが、北のパン屋が作られたチャートに誤りがあるのではないでしょうか?

トルコは2005年1月1日に新トルコリラに呼称単位変更しています。それまでは1トルコリラ140円位だと思うのですが。それと僕の見ているチャートでは3ヶ月で30円下落が出てきません。僕の見ているチャートが間違っているのでしょうか?

http://tokyoahead.com/main/staticpages/index.php/chart2

第一変換通貨:JPY
第二変換通貨:none
基準通貨:TRY で出てきます。
Posted by ひろ at 2007年02月11日 08:56
>ひろさんへ
こんばんわ。私のが間違ってるんですかね?
トルコは05年にデノミに踏み切りましたが、100万トルコリラ→1新トルコリラと「0」を6個とっただけなので、140円ってことはないと思うのですが・・・。
ちなみに私はOANDA.comで終値だけ拾ってチャート化しました。
調べてみたら私の2005/01/01以前のデータは旧トルコリラ/JPYに100万をかけた数字になってました。
Posted by 北のパン屋 at 2007年02月11日 22:11
2002年の暴落は、間違いなくあります。
米ドルとのペッグを廃止したために急落したことは、私が持っている「高金利通貨」という本にも記事がありました。

それよりも、2005年のデノミでの急落がちょっとわかりません。
ゼロをとっただけなので、相場には影響がないと思うのですが・・・・
どなたかご存知の方がおられましたら、コメントお願いします。
Posted by 新米金持ち父さん at 2007年02月11日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

オススメ記事一覧
主婦に見習う
ひとは何歳からでも変われる
FXのスワップを株式投資にまわす
所得と寿命の関係
窮屈な生活から、精神的余裕のある生活へ
生活の質も大切
何故、ZAR/JPYではなくてCHF/ZARなのか?
円は我々の基軸通貨
年間変動幅をスワップで埋めるのに何年かかる?
ボーナスが少なくても、スワップ金利があるさ!
10年で23.5倍、17年で100倍!トルコリラの複利運用方法!
富裕層が宝くじを買わない理由
サーバーダウンのリスクを回避する!
FXにこだわらない
人生のフェラーリを諦めるな!
壁を越える技術
成功しているやつに聞け!
ひとには、向き不向きがある
ウサギとカメ
永遠にロングするために
松井秀喜に学ぶ
タネ銭を増やす
スイスフランとの通貨ペアを考える
自分の老後は、自分で守れ!
「東京の主婦」が為替相場に与える影響
具体的な目標をたてる
私が円を売り続ける、2つの理由
しっかりした年金を、自分で作る
自分の現状は、自分の責任
ゼロからの出発
まず家族に還元する
トルコリラのリスクを減らす方法
大黒柱を増やす
自分にも投資する
スワップ派に必要なもの
トルコリラは本当に変動率が高いのか?パート2
利益をうみつづける資産に買わせる
トルコリラは本当に変動率が高いのか?
収入を自分の労働に依存しない「経済的自由」
最初の一歩は、勇気が要ります!
トルコリラのリスクに対する私の考え方
賃貸住宅経営か、それともFXか?
複利の効果を最大限利用する方法
金利17.5%、トルコリラのリスク
初心者にオススメの業者は?
我流サプライズトレード必勝法(GFT系)
マット今井さんのセミナーへ行ってきました!
お金に対する考え方
マット今井先生大阪飲み会に参加!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。