2007年05月09日

政策金利14.25%、アイスランドクローナの特徴

絶好調の豪、今度は多額の減税計画を発表!25位をチェック!→blogランキング

●アイスランドとアイスランドクローナの特徴


アイスランドはイギリスの北西に位置する人口30万人の小国です。
GDPは第134位と下から数えた方が早いですが、一人あたりのGDPは43,000米ドルを超え、日本の33,000はもちろん、米国の41,000をも上回って世界第3位となっています。
経済成長率も年7.5%、失業率2.6%と、先進国としては驚くべき経済成長率となっています。
懸念材料は、貿易収支が18億ドルの赤字とかなりの額になっており、そのため海外からの投資を呼び込むために政策金利を14.25%と、非常に高い金利となっています。
インフレも年4.1%、先進国の中では高い方ですが、政策金利からするとインフレによる通貨価値下落は低くなっています。

格付けはAA(S&P)となっており、香港ドルと同じです。
金利が17.5%のトルコリラはBB、南アランドはA+、人民元はAとなっており、アイスランドクローナは高金利と格付け評価のバランスという点から、非常に魅力的だと言えそうです。

●アイスランドクローナの値動き

EURISKmonth1.gif
EUR/ISK 月足

2006年はじめ、アイスランドクローナが急落し、世界中のエマージング通貨、そして新興市場に大きな調整が入りました。
2月、3月の2ヶ月間で、約30%の急落が起こりました。
その前までアイスランドクローナが買われすぎていたための調整で、その時は非常にボラティリティが高くなりましたが、その後は非常に落ち着いた値動きになっています。

USDISKmonth1.gif
USD/ISK 月足

米ドルに対しては、2004年からは安値80クロヌール(クローナの複数形)、高値58クロヌールぐらいのレンジとなっています。
ですが、2002年には105クロヌールだったことを考えると、変動率は80%、かなり高いと言えそうです。

二つの通貨ペアを比べてみると分かるのですが、スワップ狙いの場合、やはり地理的に近いユーロとのペアが変動率が低く、狙い目だと言えそうです。
欧州通貨のペアは地理的にも近いので値動きが似通っており、ポンド/スイスフランのようなスワップ派には有名な通貨ペアがあります。
ポンスイならば金利差は約3%ですが、ユーロクローナならば金利差は約10%、クロス円のISK/JPYよりも金利差は少ないですが、ボラティリティを考えるとユーロとの通貨ペアの方が長年にわたって安定してスワップを得られると思います。

●アイスランドクローナ取り扱い会社

現在、アイスランドクローナを扱っている会社は、私が確認する限りではFX-naviのみです。
ヒロセ通商は6月からISK/JPYを取り扱い開始予定だそうです。
ヒロセ通商FX-naviが使用しているSAXOを5月から導入しており、SAXOが取り扱っているUSD/ISKとEUR/ISKが取り扱われる可能性は高いと思います。

USD/ISK EUR/ISK ISK/JPY
FX-navi X
ヒロセ通商 X X 6月予定
(FX2)



posted by 新米金持ち父さん at 06:59| Comment(15) | TrackBack(1) | トルコリラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
アイスランド クローナは興味深い通貨ですね。

今日は、残業なのですね。お疲れ様です。

今日も一日頑張りましょう♪
Posted by CarrieBB at 2007年05月09日 08:49
アイスランドクローナとトルコリラ
を扱うFX業者が他にもありました。
ミスター証券と言うとこです。
URLはhttp://fx.mr-sec.com/index.asp

ですねここも取り扱い通貨は
FX−naviとほぼ同じようです。
Posted by 都人 at 2007年05月09日 11:44
こんばんは。
私も、触発されて、ISKについてのコメントをブログに載せました。
個人的には、CHFISKができてほしいですね。
Posted by けい at 2007年05月09日 22:44
CarrieBBさん

昨日は0時の帰宅、疲れましたが為替のチェックだけはしないと眠れません。
中毒かな?

アイスランドクローナはトルコリラと違って過去のチャートが手に入るので、その点ではどの程度の下げがあるかも予想できます。
このことは意外と重要なんですよね。
これから投資するにあたっての不安の度合いが大きく違ってきます。
Posted by 新米金持ち父さん at 2007年05月10日 22:17
都人さん

ありがとうございます。
システムは同じSAXO系のようですね。
Posted by 新米金持ち父さん at 2007年05月10日 22:21
けいさん

ISKを記事にされる方がかなり増えてきましたね。
トルコリラも一時期すごかったですが、次はISKが話題になりそうな気がします。
どちらも高金利通貨、南アランドの次はこの2つでしょう。
Posted by 新米金持ち父さん at 2007年05月10日 22:24
ミスター証券を調べてみました。ここは、サクソと同じソフトを使い、スワップの対応もかなり似ています。違うのは、最低取引額が5000外貨からであること。これが一番凄いです、トルコもアイスランドも5000外貨から出来るなら、資金的にもリスク的にも大助かり。ネックは保証金がJNSより高いことですね。トルコが12%。アイスランドで6%。残念ながらスイスフランとの組み合わせが見つかりません。でも、この最低取引額は魅力的ですね〜。信託保全も完備してます。創立が浅いのが、気になる人もいるかも・・・早速、口座は開きました。5千円キャッシュバックのキャンペーン中なので(^○^)
Posted by セピア at 2007年05月15日 17:52
ご免なさい。キャンペーンは終了していました。
Posted by セピア at 2007年05月15日 21:16
スイス/トルコはありましたが、アイスランドの分は無いようです。
Posted by セピア at 2007年05月15日 23:24
今、$/\と南アランド/\を1ポジションずつのFX初心者です。S金利狙いで、トルコリラとISKを持ちたいと目論んでいます。でもトルコリラはレバレッジ1にしても×になるような気がしてコワイです。ISKが格付け評価も高く○かなーと思うのですが、ISK/EURかISK/YENかどちらが正解でしょうか??口座をどちらに開設するか迷っています。
(FX-naviかヒロセ通商か)
教えて頂ければ嬉しいです。
以上宜しくお願い致します。
Posted by BYONHON at 2007年06月02日 23:15
セピアさん

トルコリラは5,000からですが、ISKは50,000からになっています。
ISKはヒロセさんがおそらくやってくれると思います。
Posted by 新米金持ち父さん at 2007年06月03日 21:49
BYONHONさん

はじめまして。
どちらが正解かというのは、私にも分かりません。
金利差が最大になるISK/YEN、同じヨーロッパ通貨同士のペアになるEUR/ISK、私は為替変動リスクを少なくするために後者にしました。
Posted by 新米金持ち父さん at 2007年06月03日 21:52
今回、待望のEUR/ISKを5万でもやむなく取引しました。で、ショートで取引した途端にかなりの赤字の状態です・・・(^○^) 1Pが1万円に慣れている者には、ISKは、1Pが2万円の計算に近いのが苦痛ですね。豪ドルで100から102になっても2万円でしょ。それが、ISKだと4万円感覚です。そう考えると、変動リスクが小さくても、リスク感は同じような気もします。
しかし、赤字でも頑張って持ち続けます。利息が良いので、約定値が累積し、いつかは赤字を超える日が来ますしね。
Posted by セピア at 2007年06月05日 20:58
南アフリカ経済はバブルだと、あるエコノミストがテレビで発言していました。バブルがはじけるとその国の通貨はどうなるのでしょうか?どなたか教えてください。
Posted by 1113 at 2008年01月08日 17:51
ブログ応援しに来ました♪
Posted by さくらなし出会い系一覧 at 2010年08月26日 11:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アイスランドクローナFX
Excerpt: トルコリラがリスクが大きいのであれば アイスランドクローナでFXをやるという手もあります。 アイスランドクローナの政策金利は14.25% 1日のスワップ金利は約500円だそうです。 ..
Weblog: トルコリラFXで一攫千金
Tracked: 2007-06-18 05:15

オススメ記事一覧
主婦に見習う
ひとは何歳からでも変われる
FXのスワップを株式投資にまわす
所得と寿命の関係
窮屈な生活から、精神的余裕のある生活へ
生活の質も大切
何故、ZAR/JPYではなくてCHF/ZARなのか?
円は我々の基軸通貨
年間変動幅をスワップで埋めるのに何年かかる?
ボーナスが少なくても、スワップ金利があるさ!
10年で23.5倍、17年で100倍!トルコリラの複利運用方法!
富裕層が宝くじを買わない理由
サーバーダウンのリスクを回避する!
FXにこだわらない
人生のフェラーリを諦めるな!
壁を越える技術
成功しているやつに聞け!
ひとには、向き不向きがある
ウサギとカメ
永遠にロングするために
松井秀喜に学ぶ
タネ銭を増やす
スイスフランとの通貨ペアを考える
自分の老後は、自分で守れ!
「東京の主婦」が為替相場に与える影響
具体的な目標をたてる
私が円を売り続ける、2つの理由
しっかりした年金を、自分で作る
自分の現状は、自分の責任
ゼロからの出発
まず家族に還元する
トルコリラのリスクを減らす方法
大黒柱を増やす
自分にも投資する
スワップ派に必要なもの
トルコリラは本当に変動率が高いのか?パート2
利益をうみつづける資産に買わせる
トルコリラは本当に変動率が高いのか?
収入を自分の労働に依存しない「経済的自由」
最初の一歩は、勇気が要ります!
トルコリラのリスクに対する私の考え方
賃貸住宅経営か、それともFXか?
複利の効果を最大限利用する方法
金利17.5%、トルコリラのリスク
初心者にオススメの業者は?
我流サプライズトレード必勝法(GFT系)
マット今井さんのセミナーへ行ってきました!
お金に対する考え方
マット今井先生大阪飲み会に参加!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。